土(自然)を愛する教育

園では、毎年いろいろな夏野菜を育てています。クラス毎にお当番を決めてお世話をします。子どもたちは、苗を植え、水やり、収穫といった一連の活動を通して野菜の成長を楽しみながら栽培活動・観察をします。”本物の土や植物などの自然”に触れる体験はとても大切な事なのです。「大きくなあれと言って魔法のお水をあげたよ」「黄色い花が咲いてきたよ」「葉っぱが手のひら位に大きくなったよ」「真っ赤な実がなってきたよ」など見てさわって感じたことを言葉で表現します。そしてそのイメージを実際に絵に描いて表現したりもします。また、栽培や収穫にかかわることで野菜に親しみを持つ子どもが増え、苦手な野菜を克服出来ればと思います。今年はピーマンの苗を6本育てています。これから夏に向かって太陽の光を沢山あびて野菜と共に日々逞しく成長して行く子どもたちの姿が楽しみです。